妊娠線とは

子供を産むことは女性に与えられた特権です。
男性で生みたくても産むことはできません。
女性は妊娠してから10か月間お腹の中で栄養を与え続け成長していく様子が実感でいます。
妊娠初期はつわりで悩んだり、切迫早産になって安静にしなければいけなかったり、お腹が大きくて動くのに苦労したりいろんな苦悩乗り越えて出産します。
そのため人一番愛情も強く、子供にとっても母親の存在はとても大きいものだといえます。

そんな妊娠中の悩みの中でも、多くの人が気にかけているのが妊娠線です。
妊娠線とは主にお腹にひび割れの様な線が入ってしまっている状態の事を指します。
人によって妊娠線ができる人、できない人もいます。
約6割の妊婦さんは妊娠線ができてしまうと言われています。
更に妊娠線は一度できてしまうと消える事はないと言われています。

それは妊娠線ができる仕組みと関係があります。
おなかの表面の皮膚は伸びやすいという特徴があるのに対してその下にある真皮は伸びにくいという事が解っています。
そのため皮膚と皮膚間に亀裂が入り妊娠線ができてしまいます。
それが妊娠線です。
妊娠線は一度できてしまうともうなかったことにはできない跡として残ってしまいます。
なぜなら真皮はターンオーバーできない為亀裂は残ったままになってしまいます。
出来た妊娠線を出産した勲章と考える人もいれば、ずっと残る跡と考える人もいます。
出来る限り妊娠線ができない方が良いと思っている妊婦さんの方が多い為、できやすい人やどうケアをしたらいいのか事前に知っておくと予防につながります。